それ、面白いアイテムですね!

パソコンやIT、ガジェットなどについて綴るよ!

それおも

ハードディスクの容量不足!圧迫しているフォルダを調べるソフト「DiskInfo」で解析!【インストール不要】

ハードディスクの容量が不足してきた

うぇいくが使っているパソコンのひとつにコンパクトPC「Asrock DeskMini H470」があります。

この小さなパソコンには「500GB」のSSDを載せているのですが、既に容量の9割が使われています。

全容量の90%近くが埋まっている。
全容量の90%近くが埋まっている。

なんでこんなに容量が少なくなってるの?

そこでCドライブの、どのフォルダ(ファイル)が圧迫しているかを調べたいと思います。

Windows10の標準システムでは調べるのが大変なので、フリーソフトを使って調べていきます。

DiskInfo! それ、便利なアプリですね!
それおも!

ちなみに搭載しているM.2 NVMeSSDは「Crucial SSD P5シリーズ 500GB」です。

DiskInfoを使って容量を圧迫しているフォルダを調べる

まずは「DiskInfo」を下記リンク先からダウンロードします。

どちらのサイトからも安全にダウンロードできますので、お好きな方のリンクからどうぞ

👉「DiskInfo」フォルダー内のファイル占有率を表示 - 窓の杜

👉DiskInfoの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

*DiskInfoとは

DiskInfoとは、HDDやSSDを解析して、ドライブ内の各フォルダやファイルの容量を表示してくれるフリーソフトです。

インストールが不要なのが嬉しいですね。
使わなくなったら、DiskInfoのフォルダをゴミ箱にポイッとするだけでOKです☆

リンク先から「DiskInfo」をダウンロードします。
(画面は「窓の社」サイトより)

パソコンに合わせて「DiskInfo」32bit/64bitのいずれかをダウンロードしてね

パソコンに合わせて「DiskInfo」32bit/64bitのいずれかをダウンロードしてね

自分のパソコンが64bitか32bitか分からないときは、キーボードで「Windows」キー+「PauseBreak」キーを同時に押すと表示されるよ!

システムの種類に「64ビットオペレーションシステム」と記載があるのでこのPCは「64bit」となる
システムの種類に「64ビットオペレーションシステム」と記載があるのでこのPCは「64bit」となる

DiskInfoを起動する

DiskInfoをダウンロードして解凍すると、中身は下記のようになっています。

DiskInfoのフォルダには3つのファイルが格納してある。
DiskInfoのフォルダには3つのファイルが格納してある。

DiskInfo.exeをダブルクリックで起動します。

起動したら解析ボタンを押して、ドライブを選択する
起動したら解析ボタンを押して、ドライブを選択する

解析が完了すると、情報が表示される
解析が完了すると、情報が表示される

(解析時間は4分程度でしたが、パソコンのスペックで大きく時間が変わります)

個々のフォルダの占有率がグラフで表示されて占有状況が一目瞭然
個々のフォルダの占有率がグラフで表示されて占有状況が一目瞭然

上部にある「サイズ」でソートをすると容量が多いフォルダ順になって見やすくなるよ。
Userフォルダが多く使ってるね!

「User」フォルダの中のどのフォルダが容量を圧迫しているかさらに中身を見ていきます。

「User」フォルダ内の「Roming」が占有している。さらに中身をみてみる
「User」フォルダ内の「Roming」が占有している。さらに中身をみてみる

「Apple Computer」内の「MobileSync」が36GBも圧迫していることが判明した「Apple Computer」内の「MobileSync」が36GBも圧迫していることが判明した
「Apple Computer」内の「MobileSync」が36GBも圧迫していることが判明した

このようにフォルダの階層を探っていくだけでどのファイルが占有しているかを一目でわかるようになります。

ドライブの容量がなぜか少ないと思った時に使ってみてね。意外なファイルが占有しているかも!?

おわりに

これで容量の多いフォルダが判明しました。
占有していた「MobileSync 」フォルダですが、iphoneやiPadのバックアップファイルとなります。

iTunesを使ったバックアップは、Cドライブ(システムファイル)を圧迫する原因となりやすいです。

そこでiTunesのバックアップを別のドライブへ移す作業をしますので、次回はその方法を綴ります。

お楽しみにね♪